増毛のために40代からの女性がしたいこと

薄毛に悩むのは男性だけではありません。

 

最近では女性用の育毛剤とかも増えていて、40代の約80%が薄毛や抜け毛に悩んでいるともいわれています。

 

特にハリやコシがなくなってきたり、髪質の変わる年代。

 

では、髪の毛を増やすために40代がしたほうが良いことはどんなことでしょうか。

 

 

まずは「生活改善」

 

・運動
・睡眠
・栄養

 

この3つはとても重要です。

 

規則正しい生活をすることは健康にもつながるし、これは髪の毛にもつながります。

 

ストレスや血流、代謝‥など、薄毛や育毛、抜け毛などに関わることがたくさんあるのです。

 

 

つぎに「シャンプーや育毛剤」

 

シャンプーは刺激が強いと頭皮環境が悪くなり、抜け毛や頭皮トラブルの原因になります。

 

優しく刺激の少ないシャンプーを使い、頭皮を健康にすることで健康な髪の毛が育ちやすくなります。

 

さらに育毛剤などをプラスすれば、頭皮に栄養を行き届きやすくし、マッサージなどで血行促進効果が期待できます。

 

最近ではサプリタイプもあり、飲むことで栄養をサポートしてくれます。

 

続けるのが難しいという方でも、毎日飲むだけなら気軽に続けることができますよね。

 

 

このほかのケアとしては、ツボ押しや頭皮マッサージ、医師に相談するのも良いでしょう。

 

何もしないでは改善されません。

 

正しいケアをすることが、40代の髪の毛を増やすためには効果的になので、悩みだしたら早めに心がけてくださいね。

 

 

女性の薄毛とホルモンの関係

女性の薄毛にはホルモンが関係していることがあります。

 

ホルモンバランスによって、体にはさまざまな影響がありますが、薄毛もそのひとつ。

 

よく「女性ホルモンの多い男性ははげない」なんて言われたりもしますが、髪の毛の成長に関係するのはエストロゲンです。

 

女性ホルモンも2つあり、

 

・卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)
・卵巣から分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)

 

エストロゲンは女性らしさや髪や肌にかかわっています。

 

しかし

 

・生活習慣
・ストレス
・更年期

 

等によってホルモンバランスが乱れて、エストロゲンが減少します。

 

年取ってくると男性化したとか、ひげが生えてきたなんていうのも、これが理由と考えられます。

 

 

そもそも、卵巣の機能は年齢によって低下していき、女性ホルモンの分泌量も減少していくため、
更年期から老年期と年を取るごとに薄毛になってしまうのです。

 

でも、更年期でも薄毛に無縁の人もいますよね。

 

これはもともとの髪質や髪の量もあるかもしれませんが、生活やストレスが関係していることも。

 

 

また、女性の薄毛はホルモンが関係しているため、ホルモンバランスが乱れると若くても抜け毛や薄毛に悩むことがあります。

 

妊娠や出産の一時的な場合もあれば、ダイエットや生活が原因の場合もあるので、女性ホルモンとはうまく付き合っていきましょう。